2017年4月12日水曜日

PLOS ONE誌に論文を発表しました。

基礎生物学研究所(神経生理学研究室)の中易知大研究員(現信州大学)、八杉公基研究員、渡辺英治准教授らと、九州大学の白石壮馬大学院生(現NEC)、内田誠一教授の研究グループは、3次元コンピュータグラフィックス(3DCG)アニメーションなどのヴァーチャルリアリティ技術を取り入れ、実物とほとんど見分けがつかない「ヴァーチャルメダカ」を作成し、これを用いることで、メダカが色、形、移動軌跡(全体的な動き)、体軸運動(尾ビレなどの局所的な動き)など様々な情報を駆使して、群れる相手を選択することを明らかにしました。色、形などの形態情報に加えて、移動軌跡、体軸運動などの運動情報を同時に統制・操作できるヴァーチャルメダカを開発することで従来不可能であった研究が可能になり、動物がどのように同種・異種を判断しているのかなど動物の群れ形成および視覚認知メカニズムの解明につながると期待されます。

メダカの三次元モデル
掲載論文
Three-dimensional computer graphic animations for studying social approach behaviour in medaka fish: Effects of systematic manipulation of morphological and motion cues
Tomohiro Nakayasu, Masaki Yasugi, Soma Shiraishi, Seiichi Uchida, Eiji Watanabe
Research Article | published 11 Apr 2017 PLOS ONE
https://doi.org/10.1371/journal.pone.0175059

関連するデジタルオブジェクト(フリーで使用できます)
http://www.nibb.ac.jp/neurophys/download/
1)ポリゴンモデル(3dsMAX)スタジオ和オリエント(株)作製
2)動画(MP4)
3)オブジェクトトラッカー(Medaka Fish Tracker 3.7 for Windows)


プレスリリース(基生研HP)

★参考動画(YouTube)


2016年2月1日月曜日

3Dアニメーションモデルによるメダカの社会性行動の解析

精密なメダカの3Dアニメーションモデルを構築し、
メダカの社会性行動の解析を行っています。

成果の一部を以下の学会で報告しました。

The Sixth International Symposium on Aero Aqua Bio-Mechanisms (Honolulu, Hawaii)

第38回日本神経科学大会(横浜)

Behaviour 2015 (Cairns, Australia)
"How to hack animals using virtual reality technologies" Tomohiro Nakayasu and Eiji Watanabe (招待講演)

メダカ♂3Dポリゴンモデル

2014年2月28日金曜日

オカザえもんが来所

2014年2月19日、オカザえもんにご訪問頂きました。オカザえもんは、愛知県岡崎市のアート広報大臣で、取材のため来所されました。

1)基礎生物学研究所の公式Facebook
2)だもんで岡崎!! ~オカザえもんと一緒~ 中編 & 後編
3)オカザえもん@基礎生物学研究所 with 基礎ざえもん(きそざえもん)


2013年12月12日木曜日

棚の影錯視

上向きの影が下向きの影より濃く見えるという錯視です。
上下を反転させると、その不思議さを確かめることができます。

4つとも同じ影だが上向きが濃く見える

オカザえもんバージョン


写真バージョン (右写真をコピペして上下反転)



*棚の影錯視は第五回錯視コンテスト(2013)の入賞作品です。

*北岡先生にVisiomeに登録して頂きました!

2013年12月9日月曜日

Animal Cognition誌に論文を発表しました。


 メダカは「メダカの学校」と呼ばれるように、群れをつくって泳ぐことが知られています。本論文では、バーチャルリアリティ技術を活用した行動解析実験により、メダカは、動きによって仲間を引き寄せていることを明らかにしました。この成果により、動物行動学において重要な研究テーマの一つである群れ形成に、動きという新たな研究の視点の重要性が示されました。世界初の魚類を使ったバイオロジカルモーション知覚の実験でもあります。本研究は中易知大研究員が主軸となって行ったプロジェクトです。群泳するメダカの写真は広報の倉田智子さんによる撮影です。

Nakayasu, T. & Watanabe, E. Biological motion stimuli are attractive to medaka fish. Animal Cognition 17, 559-575 (2014).


詳細な解説
基生研プレスリリース

論文が全文読めるURL(Open Access)
http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs10071-013-0687-y

論文のpdfがダウンロードできるURL(Open Access)
http://link.springer.com/content/pdf/10.1007%2Fs10071-013-0687-y.pdf

メダカのバイオロジカルモーション(デモ動画)



2013年12月4日水曜日

朝日新聞デジタル

朝日新聞デジタル(2013年11月29日)で
研究紹介をして頂きました。

タイトルは『メダカの識別力、ヒトの脳解明の糸口に』です。


後日追記:
朝日新聞のWEB新書に収納されました(2013年12月13日)。
章タイトルは『メダカ「目高」な識別力』です。



2013年4月3日水曜日

2012年4月12日木曜日

特集記事:釣り人のサイエンス

フライの雑誌』にて特集記事を組んで頂きました。
2ページほど『ちょっと立ち読み』ができます。
寄稿文も掲載して頂きました。