2010年9月1日水曜日

Behavioral Processes誌に論文を発表しました。

メダカのオープンフィールドテストを発表しました。メダカが視覚情報を記憶して空間学習を行うことを立証しました。ポスドクの松永渉君が主軸となって行った研究プロジェクトです。内容の詳細につきましては、次の記事にて→『メダカのオープンフィールドテスト

Matsunaga, W., and, Watanabe, E., Habituation of medaka (Oryzias latipes) demonstrated by open-field testing, Behavioural Processes 85, 142-150 (2010)

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20615458

0 件のコメント:

コメントを投稿